学生時代はお金がなかった・・・。

【自分なら極力借りる金額を最小限にしたいのでまずは不要品を売ってから借ります。】
学生時代に特にお金がなくて困った事があります。そんな時の対処法について書きます。

自分が友達からお金を借してと言われ借りたまま帰って来ない人とか何人かいましたので、お金を絶対人に借りるという行為は親族でも内心嫌だと思っています。

その為どうしても貯金も無く、手元に現金が無い場合必要最低限のお金を綿密に計算し前借りすると思います、消費者金融は嫌なので利用はしないとおもいます。

どうしてもメリットよりもデメリットが大きい気がしてしまうんです。こちらのではそう書いてない感じですが…<学生ローンのデメリット

かといって親とは縁が切れてますので唯一相談出来るのは兄にぐらいでしょうから、すごく嫌ですが兄に頭を下げ相談するだろうと思います。

兄に迷惑をかけたくないので、もし借りたら自分の家の中で金目の物で不要品、もしくは惜しいかもしれないけどお金のため手放すしか無い金目の物が無いかを探します。

それをヤフオクを利用し出品し、お金を作ります。また自分が無職でお金が無い時は良くこのようにヤフオクを利用し、お金を作っていたこともありましたし、失業保険など利用出来るところは利用しました。

数百円で良いからオークション等で売れなかったらリサイクルショップへ持って行ったり、少しでも現金には変換します。図書カード、商品券があったらチケットキングで現金に変換したり等の還元方法はやり尽くすかと思います。

それからできたお金の分を借りたお金から差し引いて一端先に返す行動にすると思います。それから何でも良いので即日お金がもらえる様なバイトなど掛け持ちしたりお金を作る方に私は専念すると思います。

ただ借りる相手がいる人はそれだけ安心できるかもしれませんが相手が少ない自分としては自分の事は自分で処理しなければ
ならないのでが借りたらむしゃらに働くかもしれません。それで体調がおかしくなっても仕方が無いと思います。

キチンとお金の管理をしなかった自分の責任だと思いますから。
【いろいろな手段を用意しておく】
最初に借りるならば、消費者金融を利用します。
出来る限り、周りにばれないようにお金のことを解決するならば消費者金融を利用したほうがいいです。

消費者金融は、どこでも同じではないのでいろいろ比較してから借りるところを決めます。
最近であれば、業者によりますが審査も早いので借りるまでにそれほど時間がかかりません。

何かしらの理由で、審査が通らなかった場合は家族に借りることにします。
もちろん、どういう経緯でどういった理由で必要なのか、質問されたことにはきちんと答えます。

納得いく理由であれば、借りることはほぼ確実にできるので家族に借りる手段をとりますが、納得させるだけの理由がない時は、友人に借ります。

ただ、出来る限り友人に借りるのはやめておきたいと考えています。
お金を借りるということ自体、人間関係を壊してしまうきっかけになってしまいます。

家族であれば、なんとか関係を修復することは可能かもしれませんが、友人になると一度関係が壊れると修復は難しいと言わざるおえません。

友人にも借りられないとなれば、親戚に借りることを考えます。
親戚に借りるのは、最終手段になります。

親戚ですので、家族などに連絡される可能性はかなり高いので、本当にお金が必要かどうか再度確認してから頼みに行きます。

できれば、消費者金融で借りることが一番いいですが、万が一のことを考えて他の方法を考えておきます。
もし、時間的に余裕があるならば日雇いの仕事をします。

お金が必要になったとしても、いくらでいつまでに必要になるかを確認します。
借りる手段をとる時も、一度冷静になることを忘れないようにします。

冷静になって考えてみると、一番いい方法を選ぶことができます。

Leave a Comment

Filed under 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>