消費者金融は使わない

自分がお金に困ったときには家族や友人から借りるのが良いと思います。テレビのイメージが強いのかもしれませんが、消費者金融にはいろいろとよいイメージがありません。実際に、巻き込まれたほうですが、過去自分が事故を起こした時は親にお金を借りました。

保険金は退院などすべてが終わった後に払われるため、入院費用や、退院してから通勤のための新しい車の購入費用など数百万単位で足りなかったため、親に頼って貸してもらいました。

家族間であっても金利をかけ、契約書などを書いてお金を借りました。金利についてもいえることですが、消費者金融からお金を借りたりすると金利はすべて借りた消費者金融に持っていかれることになります。

ですが家族から借りると金利のお金は一応身内に行くことになりますので、その面でも家族からお金を借りることが良いと思います。また、友人からお金を借りるのがよいと述べた理由は、すぐ借りれるということです。

親の元から離れている身分から述べますと、家族から借りるのも一苦労です、近頃は銀行振り込みなどもありますでしょうが、自分の場合は手渡しでした。それに比べ、友人から借りる場合はすぐその場で借りることができます。

借りると言っても友人間でのお金の貸し借りは数万円までが限度だとは思います。自分は一万円ぐらいまでは貸したり借りたりしたことはあります。ですが、友人とのお金の貸し借りには一つ問題点があります。

それはそのお金を貸し借りする友人が信頼できる人間かどうかということです。自分は借りてそのまま返さなかったことや、貸してそのまま返されなかったことなどはありませんが、返さないことは自分の問題なので知りませんが、返されなくなるということがあるかもしれません。

普通に貸したことを忘れられるという可能性もありますので、お互いが覚えておけるようにしておく必要があります。自分の場合はTwitterのアカウントのbioのところに貸したことや、借りたことを書いて忘れないようにしてました。

そのような対処をとって、信頼できる友人から借りるのが緊急事態で、今すぐ、例えばその日のうちにお金が必要なら友人から借りるのが一番良いと思います。

友人からも借りれなかった場合の最終手段として、即日融資可能なローン会社を利用するのがいいでしょう。

こちら参考に→http://www.imasuguokanekariru.com/

消費者金融などのローン会社は、最終手段として残しておきましょう。

Leave a Comment

Filed under 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>